本文へジャンプ










仏教・禅・曹洞宗の教えについて。研修会・講習会・講演会情報の発信。会議やイベント・布教教化、九州管内の各種事業等の情報を発信しています。

曹洞宗九州管区教化センター
電話 092-611-2166
FAX 092-612-3648

テレホン法話「心の電話」
092-622-6160

メールでのお問い合わせは

教化センター業務のご案内
平日 午前9時〜午後5時
休務 土曜・日曜・祝祭日
基本的に宗務庁の業務に準じます

訪問者r

)

平成20年度 管長告諭・布教教化方針


本年度の曹洞宗管長告諭・布教教化方針

布教教化に関する告諭
「愛語は愛心よりおこる、愛心は慈心を種子(しゅうじ)とせり」
人を生かし、人を仏道に導く言葉が愛語です。愛語は人を愛することにはじまります。人を愛するとは、無限の縁の中で支え支えられているお互いを自覚し、慈しみあう心を根本とします。
現代ほど言葉の乱れた時代があったでしょうか。
粗雑な言葉は世の乱れを生み、愛心なく慈心のない生命(いのち)を軽視した社会に拍車をかけます。
言葉は思いのあらわれであり、単なる言語や伝達手段ではありません。自らの人格を宿し、自らの人格をつくるのです。一語一語を大切にしなければなりません。
現実に、家庭も国際社会も言葉で動いているのです。好ましい関係は好ましい言葉によって結ばれます。赤子を前にして限りなく優しくなれるその心で、共に語り合いましょう。徳ある行いは素直に讃え、徳至らぬときにこそ慈しみを忘れてはなりません。
曹洞宗が掲げるスローガン「人権・平和・環境」の実現は、毎日の生活からかけ離れたところにあるのではありません。愛語の実践が、柔らかにして他を思いやる自己を育て、ひいては人権を尊重し、平和を願い、環境に思いがいたる人を育むのです。
お釈迦さまの教えを受け継ぎ、正しい信仰に生きる私たちの愛語の実践が、慈しみあふれる社会を築く第一歩なのです。
日々(にちにち)、愛語を心がけてまいりましょう。
南無釈迦牟尼仏


布教教化方針

曹洞宗の布教教化は、一仏両祖のみ教えにより、坐禅に親しみ、ありとあらゆるものは「衆縁和合」の世界で生かされていることを自覚して、み仏の絆を深めるため、人びとと不安や苦悩、痛みを共にしながら、正しい信仰生活の確立を目指します。
本年度、曹洞宗の信仰に生きる私たちは、「愛語」を実践徳目と致しました。さらに人権・平和・環境の問題に働きかけ、共に菩薩の道を歩むために、次のように布教教化方針を定めます。


1.

「南無釈迦牟尼仏」のおとなえの普及に努めます。
私たちは、常にみ仏を身近に感じつつ、その行いを我が身に引き当てて、共に歩みます。そこに「南無釈迦牟尼仏」とおとなえする修行の意味があるのです。

2.

あらゆる差別の解消と人権啓発の活動に取り組みます。
私たちは、他を傷つけない人格を目指し、慈しみの心を修め、差別を受けている人びとの悲しみ、苦しみに共感し、さらにその解消のために社会と共に歩んでいきます。

3.

共に喜びを分かち合える平和な社会の実現を目指します。
私たちは、過去のあやまちと戦争の惨禍を直視し、不戦を誓います。全人類の安心と平和な社会を実現するため、理解と協調による道を共に歩みます。

4.

大いなる自然に生かされていることを思い、「地球環境をまもる全曹洞宗の運動」(グリーンプラン)を継続していきます。
私たちは、自らが大自然とひとつであることを深く心にとどめ、未来の地球に思いをいたし、身近なところから、環境に配慮した生活を実践していきます。

5.

菩薩行としてボランティア活動に率先して取り組みます。
私たちは、他者の心の安らぎを我が心の安らぎとして共に歩みます。様ざまな苦難の中にいる人びとの心に寄り添い、見返りを求めない菩薩行を実践します。


平成20年度 管長告諭 布教教化方針
平成19年度 管長告諭 布教教化方針
平成18年度 管長告諭 布教教化方針
平成17年度 管長告諭 布教教化方針



































   Copyright(C)2009 曹洞宗九州管区教化センター All Rights Reserved.