本文へジャンプ










仏教・禅・曹洞宗の教えについて。研修会・講習会・講演会情報の発信。会議やイベント・布教教化、九州管内の各種事業等の情報を発信しています。

曹洞宗九州管区教化センター
電話 092-611-2166
FAX 092-612-3648

テレホン法話「心の電話」
092-622-6160

メールでのお問い合わせは

教化センター業務のご案内
平日 午前9時~午後5時
休務 土曜・日曜・祝祭日
基本的に宗務庁の業務に準じます

訪問者



平成23年度 管長告諭


本年度の布教教化に関する告諭・布教教化方針

布教教化に関する告諭  「管長さまのお言葉」

 私たちをとりまく社会は、今、混迷を深めています。
地球温暖化をはじめ、戦争、貧困などの諸問題、国内では「格差社会」「無縁社会」とも言われ、年間三万人を超える自死者、いじめや虐待など、いのちの尊厳が失われ、人びとは不信と不安の中にあります。
 曹洞宗は、これまで「人権の尊重、平和の確立、環境の保全」を願い、「絆」を深める取り組みを進めてまいりました。本年度は日常生活の中でより具体的に 展開するため、「向きあう」「伝える」「支えあう」という三つの柱を立て、四摂法の「利行(利他行)」を目標に掲げました。
 道元さまは、「利行は一法なり、あまねく自他を利するなり」と示されました。
 罃山さまは、「常に大慈大悲に住して、坐禅無量の巧徳、一切衆生に回向せよ」と論しておられます。
 み仏とご先祖さまのみ前で、姿勢を正し、呼吸を調え、ひととき心静かに坐りましょう。大慈大悲の坐禅はおのずから「利行」に力を与えてくれます。
 「あなたと向きあい、あなたと正しい教えを伝えあい、あなたと共に支えあう」ことで、一人ひとりのいのちを生かす社会がひらかれます。
 日々、他を思いやり共に生きる「利行」の実践を重ねましょう。

南無釈迦牟尼仏


管長 大道晃仙



平成22年度 管長告諭 布教教化方針
平成21年度 管長告諭 布教教化方針

平成20年度 管長告諭 布教教化方針


   Copyright(C)2009 曹洞宗九州管区教化センター All Rights Reserved.